水とお茶 〜お茶のお話〜

 

水とお茶。

切っても切れない関係です。

 

日本は水道水を飲料水として利用できる世界で数少ない国のひとつです。

 

 

日本の水道水は愛知県が25mg程度と硬度は最も低く、一番高い沖縄県の水道水の硬度は80mg程度。

平均して硬度50mgの軟水を飲料用、調理用、生活用・・・日常的に使用しています。

 

販売されている国産の天然水も軟水が圧倒的に多いですね。

 

この軟水で淹れたお茶がみなさんも馴染み深いのではないでしょうか。

 

 

 

これに対して紅茶文化で有名なイギリスの一般的な水といえば硬水。

やはり地域による差はありますが、ロンドンの水道水は220mg、と硬度は日本と比べると高めです。

ミネラル分が多いということですね。

 

 

硬水にはミネラルなどが多く含まれている分、水自体の味もやや個性の強さを感じます。

その個性がお茶の味や香りを包み込みマイルドなお茶が入ります。

 

 

逆に軟水では茶葉本来の味、香りが素直に出てしまうので、

イギリス式の淹れ方をそのまま軟水でしてしまうと香りは強く出ますが、渋みも強く出てしまうんです。

ですが茶葉そのものの質もわかる、ということでもありますね。

 

 

世界各国、同じ国でも地域によって水もさまざまです。

お天気、気温、湿度、そして体調・・・

 

同じ条件で同じ味のお茶を淹れるって

とてもとても難しい。

だから今日のこの一杯が尊いのですよね。 

 

お茶は自由なものですから

味と香りの好みで水の硬度や茶葉の量、蒸らし時間などで

ご自身のおいし〜い一杯、

見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

木のぬくもり茶屋 
甘香茶屋 mocachaya
・・・もかちゃや・・・

〒224-0027神奈川県横浜市都筑区大棚町432-5
TEL 070-5591-3656
Mail info@moca-chaya.com

営業時間   12:00〜17:00 火、日、祝日 定休日(不定休あり)